医師

更年期障害の対策をして症状を和らげよう!

早く転移するがん

医師

胸腺はTリンパ球と呼ばれる白血球を作る臓器です。胸骨の裏側に位置しています。子供の頃は免疫を担う重要な臓器ですが、成長するにつれて退化していき、成人する頃には脂肪組織になり臓器としての一生を終えます。胸腺腫瘍は脂肪組織となった胸腺の細胞から発生する悪性の腫瘍の事です。胸腺腫と胸腺がんの二種類あり、胸腺腫は進行スピードが非常に緩くて転移する事も殆どありませんが、一方の胸腺がんは進行スピードがとても速く、転移もしやすい特徴を持ちます。主に三十歳以上の方が罹患し、未成年の罹患者は特別なケースを除いて見られません。十万人当たり一人以下の罹患率なので、胸腺腫瘍そのものが疾患として非常に稀な病気である事が伺えます。

成人時点で胸腺の臓器としての機能は失われているので、際立った初期症状が出る事は極めて稀です。咳が長引く、胸部に痛みが走るなどの症例が報告されていますが、大抵は別の原因で検査を受けた際に胸腺腫瘍だと発覚します。胸腺腫瘍がある程度進行すると、上記の症状に加えて呼吸困難や顔や首の鬱血など、目に見えた症状が出てきます。また胸腺腫瘍は合併症を伴うケースが多く、その中でも免疫系に関する異常が高い事が知られています。代表的なのが重症筋無力症と呼ばれる病気です。身体の筋肉を使うと疲労感に襲われる病気で、瞼が重い、字が書けない、咀嚼が困難になるなど日常生活に支障が出る程の症状が出ます。胸腺腫瘍の健診方法は胸部のX線検査、CT検査、MRI検査などがあります。