医師

更年期障害の対策をして症状を和らげよう!

分かりにくい初期症状

看護師

食道がんとは、食道と呼ばれる臓器にできる悪性の腫瘍です。食堂は喉と胃を繋ぐ長さ二十五センチ程度の管です。食道の名が示す通り、口から摂取した食べ物を胃へと送り込むのが主な役割です。食道がんは元々欧米系の人種に多い疾患でしたが、日本人の食生活が欧米化した事によって近年まで増加傾向が続いていました。日本における食道がんの約九割が扁平上皮がんと呼ばれるタイプのがんで、胃に近い食道下部で発生します。罹患率の上昇ポイントは四十代後半から五十代前半で、女性に比べて男性の罹患率が五倍以上高いとされています。喫煙行為及び過度なアルコール摂取は、食道がんのリスクを確実に高める危険因子として認められており、現代病の肥満も高リスクだと言われています。

食道がんの初期症状は殆ど見られず、人間ドックや健康診断によって発見される確率が全罹患者の約二割に上るとされています。無症状で発見された場合、後の治療で完治する可能性が高くなります。病状が進行すると、食道がん特有の症状が出てくるようになります。食道が染みるような感覚が自覚できた後は、症状の進行に伴って食べ物が喉に仕えるような感覚と体重減少、胸痛や背部痛を感じるようになります。上記の症状は食道がん特有のものが多く、知識さえあれば認知はしやすい部類です。食道がんの一般的な治療法は、手術による腫瘍部位の摘出ですが、病状や進行度合いによっては切除を行わず放射線治療と抗がん剤治療を並行して行う化学療法を選択する事があります。