医師

更年期障害の対策をして症状を和らげよう!

末期がんの腹膜の炎症

マスクと薬と体温計

がんの転移によります

癌性腹膜炎とは、ほかの臓器で発生したがんが腹膜へ転移して増殖することによっておこる腹膜炎のことです。腹膜とは胃や肝臓や卵巣などの腹部の臓器を包む半透明の膜のことです。ほかの臓器からがんが腹膜へ転移することを、がん細胞が種のように散らばることから腹膜播種と呼びます。腹膜播種や癌性腹膜炎がおこる段階は、原発巣のがんはかなり進行したものであり全身にがん細胞が飛んでいる状態であると言えます。癌性腹膜炎はがんの末期症状のひとつであると言えます。胃や肝臓などの腹膜に包まれた臓器のがんが腹膜播種や癌性腹膜炎を起こしやすいです。また手術によってがんが突き破られてがん細胞が散らばり、腹膜へ転移するケースもあります。

対症療法のみです

癌性腹膜炎の症状は、腹水の貯留、嘔気、嘔吐、食欲不振、発熱、腹痛などがあります。腸管に腫瘤ができると腸閉塞を起こしたり、尿管付近にできると尿閉になることもあります。腹水貯留は量が多くて妊娠中の方のようなお腹周りになり、腹部膨満感や呼吸困難感、息切れ、浮腫の出現もあります。癌性腹膜炎の治療としては、有効な治療法がないのが現状です。根本的な治療よりも、患者の苦痛を和らげる緩和ケアがメインになります。腹水による腹部膨満感や浮腫には利尿剤の投与や腹水穿刺を行ったり、腹痛には痛み止めを投与したり、呼吸困難には酸素吸入したりといったものです。少しでも患者の苦痛を取り除き、生活の質(QOL)を高めるようにします。