医師

更年期障害の対策をして症状を和らげよう!

末期がんの腹膜の炎症

マスクと薬と体温計

ほかの臓器からがん細胞が腹膜へ転移して腹膜炎を起こした状態を癌性腹膜炎といい、これはがんの末期症状のひとつになります。癌性腹膜炎の症状は、腹水、嘔気嘔吐、腹部膨満感、発熱などがあります。癌性腹膜炎の根本的な治療法はなく、苦痛を和らげるケアが主な方法と言われています。

もっと読む

分かりにくい初期症状

看護師

食道と呼ばれる臓器にできる悪性の腫瘍が骨肉腫です。食道は喉と胃を繋ぐ細長い管で、口から摂取した食べ物を消化器官へと送る役割を担っています。初期症状に乏しく、罹患者の二割は人間ドックや健康診断によって発見されます。

もっと読む

女性の更年期と特有の症状

女性

症状を抑えていくためには

女性の閉経前後に、身体や精神に不快な症状があらわれることを更年期障害と言います。具体的な症状は、ほてりや動悸、イライラや不安などが挙げられます。閉経年齢の平均である50歳を中心に、40代から50代にかけて症状が出てきます。症状がないという場合もありますが、それでも何かしらの経験をしたという女性は少なくありません。このような更年期障害への対策としては、症状が辛い場合は無理をせずに静養をすることが大切です。その場合は、家族や勤務先に理解を求めなければいけません。その他の対策としては、婦人科や産婦人科でも更年期障害に対して診察を行っています。更年期障害の症状を少しでも抑えるために、多くのところでは薬や漢方を処方してくれます。これらは女性ホルモンのバランスを整えるための効果があるので、不快な症状には最適な対策です。更年期障害は辛い症状を我慢することなく、楽になれるような対策を行っていく必要があります。

症状が出てしまう原因

更年期の時期に、更年期障害の特有の症状が出てしまう原因は、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうからです。この時期は、卵巣から分泌される女性ホルモンが急激に減少してしまうようになります。初潮から女性ホルモンが増加しだし、20代半ばから30歳前後でその量はピークを迎えます。それから緩やかに減少が始まり、卵巣の機能が低下する閉経前後にはかなりの量が減少してしまうのです。女性の身体の機能としては自然な現象でもありますが、そのために感じてしまう症状は身体や精神に悪い影響を与えかねません。これを解消するには、女性ホルモンを補うことでバランスを整えていく対策が医療では基本となっています。婦人科などでは、日頃から行える対策をいろいろとアドバイスしてくれるので、相談をするだけでも役に立ちます。

早く転移するがん

医師

30代以上に発生する胸腺腫瘍は胸腺と呼ばれる臓器にできる悪性の腫瘍です。胸腺腫と胸腺がんの二種類が存在し、胸腺がんの方が進行スピードと他臓器へ転移する確率が高いです。胸腺腫瘍の罹患率は十万人に一人以下で、疾患そのものが稀な病気でもあります。

もっと読む